banner

お葬式のマナーを把握しよう

家族が亡くなった場合、お葬式の準備をしなければなりません。お葬式といわれると通夜があって、告別式を翌日行ってそれでおしまいと思っている人もいるでしょう。しかしその他にもいろいろとやらなければならないことがあります。ここではお葬式の大まかな流れについて紹介します。すべての式が同じように行われるわけではないですが、だいたい以下のような感じになるはずです。

闘病をしている方の場合、病院で亡くなるケースが多いでしょう。その場合はいつまでも病院で安置してもらえるわけではないです。速やかに自宅などに搬送しなければなりません。遺体を運ぶためには、医師にお願いして死亡診断書を書いてもらう必要があります。また搬送する車両については葬儀社にお願いすると、手配してくれるはずです。遺体の搬送が済んだら、今度はお葬式の打ち合わせを進めます。葬儀会社の担当者と打ち合わせをする形になりますが、この時先ほどの死亡診断書を渡しましょう。そうすれば細かなお葬式や火葬をするにあたっての事務手続きを代行してくれます。役割分担や斎場をどうするか、香典返しや通夜ぶるまいをどうするかなどもこの時点で決めてしまいます。打ち合わせが終わったところで、親せきや個人が生前お世話になっていた人、近所の方などに連絡を進めます。一人で行うのは大変ですから、家族で手分けして連絡をするのがおすすめです。

通夜と告別式が終わって、荼毘に伏せたらお葬式は完了というわけではないです。今後は還骨法要といって、骨上げをした後で遺骨や位牌などを安置して、お坊さんに供養してもらう儀式があります。お骨になった故人を追悼するための儀式と思ってください。お葬式が完了すれば、葬儀会社に費用の支払いをします。火葬が終わってから数日以内に支払いを済ませましょう。この辺のところはいつまでに支払いを済ませればいいか、担当者の方から最初の打ち合わせの段階で説明があるはずです。そのためのお金の準備も早めに手配しておいた方がいいでしょう。

家族が亡くなったら、精神的に大変かもしれません。しかし上で紹介したように亡くなった段階から、お葬式のための準備にさっそく取り掛からないといけません。経験、知識がないとどうすればいいのかおろおろしてしまいます。縁起でもないことかもしれませんが、人間いつかは死ぬので、その時の準備、心構えをあらかじめしておくことは決して無駄ではないはずです。

お知らせ

[2018年08月09日] ホームページを更新しました。

Copyright©2018【お葬式のマナーを把握しよう】 All Rights reserved.